【サンドイッチ】

【サンドイッチ】

サンドイッチ、サンドウィッチ(英語: sandwich)は、パンに肉や野菜等の具を挟んだり、乗せたりした料理。調理パンの一種。アイスクリーム・サンドイッチのように、パン以外の素材に具を挟んだものを指す場合もあります。本においては具材の名称を前に付して「○○サンド」の略称で呼ばれることがあります。

手軽な料理であり、様々なバリエーションがあるので、世界中のいたるところでよく食されています。食べる時にフォークや箸などの食器を必要としないので、ピクニックなどの食事としても重宝されています。同様の理由で、列車で旅行する際の車内食や、航空機などの機内食に用いられることも多い。

日本では、おにぎりと共にコンビニエンスストアにおける定番商品であり、各店とも様々な種類のサンドイッチを用意しています。アメリカ合衆国ではデリカテッセンの主力商品であり、サンドイッチのおいしさが店の繁盛に大きく影響するといわれているほどです。

日本では食パンに具を挟んだものをさすことが多いですが、それ以外の形式のものもサンドイッチと呼ばれることがあります。

例えば、フランス料理における前菜には、食パンベースのカナッペがあるが、これもサンドイッチの一種です。また、ハンバーガーや、イタリア料理のパニーノもサンドイッチの一種です。ハンバーガーショップでは、ハンバーガーと同じ円形のバンズに挟む方式のサンドイッチを、「~バーガー」と呼ぶことがあります。
アイスクリームをクッキーなどで挟んだものをアイスクリーム・サンドイッチ(アイス・サンド)、クッキー・サンドなどとも称されます。

【歴史】

【歴史】

パンに具を挟むという料理は、古代ローマのオッフラ、インドのナン、中東のピタ、メキシコのタコスやブリート等、古くからありました。

1世紀のユダヤ教の律法学者ヒレルは、過越の時に、犠牲の仔羊の肉と苦い香草とを、昔風の柔らかいマッツァー(種無し、つまり酵母を入れない平たいパン)に包んだと言われています。

西アジアから北アフリカにいたる地域では昔から、食べものを大皿から口へ運ぶのに、このような大きくは膨張させないパンを使い、すくったり、包んだりして食べていました。モロッコからエチオピアやインドにかけては、ヨーロッパの厚みのあるパンとは対照的に、円形に平たく焼かれていました。

中世ヨーロッパでは、古く硬くなった粗末なパンを、食べ物の下に敷く皿がわり(トレンチャー)に使っていました。すると下敷きのパンは食べ物の汁を吸います。これを食事の最後に食べたり、腹が満たされている場合には、乞食や犬に与えました。

このトレンチャーは、オープン・サンドイッチ(パンで挟んだものではなく、一切れのパンの上に具を置いただけのサンドイッチ)の前身といえるでしょう。

英国風サンドイッチのより直接な前身は、例えば17世紀ネーデルラントに見ることが出来ます。博物学者ジョン・レイは、居酒屋の垂木に吊るされている牛肉を、「薄くスライスされ、バターの上にのせられ、バター付パンと一緒に食べられる」と記しています。このような詳細な記述は、当時のイギリスにおいては、オランダの belegde broodje(オープン・サンドイッチ)のような食べ方が未だに一般的でなかったことを示しています。

始めは、夜の賭博や酒を飲む際の食べ物であったが、その後、ゆっくりと上流階級にも広がり始め、貴族の間で遅い夜食としても食べられるようになりました。19世紀には、スペインやイングランドにおいて、爆発的に人気が高まりました。この時代は工業社会の擡頭があり、労働者階級の間で、早い・安い・携帯できる食べ物としてサンドイッチは欠くことのできないものとなりました。

同時期に、ヨーロッパの外でもサンドイッチは広まりはじめましたたが、アメリカでは、(大陸とは異なり)夕食に供される手の込んだ料理となりました。20世紀初期までには、すでに広く地中海地方でもそうなっていたように、アメリカでもサンドイッチは人気のある手軽な食べ物となっていました。

【語源】

【語源】

M. モートンの調査によれば、16世紀から17世紀英国では「サンドイッチ」はただ単に”bread and meat” とか “bread and cheese”などと呼ばれていたという。食べ物としての「サンドイッチ」の語の初出は、エドワード・ギボンの日記(1762年11月24日)にあります。

ココア・ツリーで食事をした。この立派な場所は、毎晩、本当に英国的な光景を見せてくれる。二、三十人のこの国の一流の男たちが……テーブルで少しずつ食べる……わずかな冷たい肉、あるいはサンドイッチを。

この名は、当時のイギリスの貴族、第4代サンドウィッチ伯爵ジョン・モンタギューにちなんで付けられたものですが、モンタギューはサンドイッチを発明したわけでも、推奨したわけでもありません。

サンドウィッチ伯爵の評伝を著したニコラス・ロジャーによれば、その理由について唯一の情報源は、ピエール=ジャン・グロスレ(Pierre-Jean Grosley)による、1765年のロンドン滞在の印象をまとめた著作『ロンドン Londres』 (1770年。英訳はA Tour to London 1772年)の中の次のゴシップだそうです。

国務大臣は公衆の賭博台で24時間を過ごし、終始ゲームに夢中になっていたので、二枚の焼いたパンにはさんだ少しの牛肉を食べる他に生きてはおられず、ゲームを続けながらこれを食べる。この新しい食べものは、私のロンドン滞在中に大流行した。発明した大臣の名前で呼ばれた。

一方、N. ロジャーは、伯爵は海軍や政治や芸術に傾倒していたから、最初のサ
ンドイッチは仕事机の上で食べられたのではないかと推測しています。

他にも、「サンド(砂、sand)とウィッチ(魔女、witch)」以外どんなものでもパンにはさんで食べられるということからサンドイッチと名づけられたというのもありますが、これは俗説・ジョークでしょう。